化学構造式の刺繍巾着袋。サイエンス雑貨を作ってみた。

化学構造式の刺繍巾着袋。サイエンス雑貨を作ってみた。

理系ならではの心引かれる物ってありませんか?たとえば実験室にある様な試験管やフラスコ、ビーカーなど。インテリアとして置いてみたり、一輪挿しとして使ってみたりと夢が広がります。

私は元々大学で化学専攻の理系女子です。東急ハンズなどで、実験器具などを見るのがとても面白く感じるタイプです。

普段は手芸、刺繍でアクセサリーやワッペンなどを作ることが多いですが、今回はサイエンスなアイテムを作ってみることにしました。

科学グッズを作ってみるにもモチーフは沢山あります。実験器具などでもよいのですが、刺繍にするには少し形がシンプルすぎるので辞めました。そこで考えたのが化学選択の理系なら誰でも目にする「化学構造式」です。

化学選択する人(しかも有機までやってる人)がどれだけいるのかはわかりませんが。化学構造式は原子の結び付きを線で表現する方法です。教科書にも必ず記載してありますし、有機化学では多く使われる表現方法でもあります。

今回は試作品なので量産の予定はありませんが、思ったより面白い刺繍図案になりました。巾着袋自体はかなりシンプルですがミシン失敗し縫製が曲がりました。

デザインは白地に黒の刺繍糸なので、地味な印象ではありますが、配色や配置を考えれば理系心をくすぐる作品になるかもしれません。(こもままでも白衣みたいな印象でよいかもしれませんが)