ツバキの刺繍。大正ロマンなワッペンを作る。

ツバキの刺繍。大正ロマンなワッペンを作る。

ツバキの花は昔から日本人に愛されてきました。歴史は古く、万葉集の中にも椿が使われている歌が9首もあるそうです。それだけ長く日本に根付いてきた椿という植物は、モチーフとしてはどことなく和風の装いを感じさせます。

椿には花の形も様々あります。一重咲き、八重咲き、千重咲きなどがあり、刺繍のモチーフとしてさまざまな形で指すことができます。

色にも単純な赤だけでなく朱色に近い品種や、薄ピンクの可愛いらしい物まで多様です。刺繍糸を選ぶだけでもとても楽しいモチーフです。

ピンクの花
今年、近所に咲いていた千重咲きの椿

今回は刺繍ワッペンを仕立てるために、フェルトに刺繍を施しました。写真は作成途中のものです。

刺繍図案は椿です。作品サイズは約5センチ。ロングアンドショートステッチで面を埋めています。

まずはオーソドックスな朱色に近い色で刺しています。大正ロマンをイメージして、すこし可愛らしく仕上げたかったので、全体を丸みを帯びたシルエットにしています。

過去に作った椿のピアスも好評だったのですが、やはり赤に近い色合いの方が椿のイメージには合うのかもしれません。

梅の花刺繍