子どもの習い事で考えたいこと

子どもの習い事で考えたいこと

私達家族の住むエリアは保育園激戦区で本当に日本は少子化なのか?と思うぐらい子どもの姿をよく見かけます。
うちの子も保育園申請はしたものの2年ほど保留でした。
今回も無理だろうから、少しでも同世代の子と交流を持たせてあげたいと思い、習い事を始めました。(始めてから保育園の申請が通りましたが…)

習い事を決める際の手順

何を習わせたいか

親が幼い頃、習っていて良かったから。子どもの想像力、発想力を伸ばしてあげたい、体力をつけたいなど考えに合う習い事を決める。

問い合わせ、体験をしてみる

体験教室を行っているところがほとんどだと思います。教室や先生の雰囲気の体験はいい判断基準になります。

よく検討してみる

体験してみたら家族会議で検討してみる。送り迎えを無理なく続けられるか、教室の雰囲気はいいか、先生との相性は合うかなど決定する前によく家族で話し合う事がいいと思います。

 

我が家では同じくらいの子と交流を持つが目的でした。なので実は何でもよかったのですが、親が幼い頃に習っていて、近くにそれがあったという理由で体験に申し込みました。
体験教室に行くと、先生がベテランで子どもを惹きつけるのが上手だったのと我が家の考える条件と合っていたので決めました。

習い事を嫌がるとき

習い事を嫌がって毎回泣いてばかりの時、大人は自分の考えで「なぜやらないの?」とイライラ。うちの子もそうでしたが、「ここまでは頑張ろう」という目標を決めたら楽しさも見つけられるようになりました。
親が決めても実際にやるのは子どもなので、子どもの考えを聞いてあげるのも大切です。
親も子も無理なく続けられるものが、楽しく長続きするかもしれません。