普段の習い事を楽しいイベントに変える道具。お稽古バッグにバーバパパ・ママを刺繍

普段の習い事を楽しいイベントに変える道具。お稽古バッグにバーバパパ・ママを刺繍

子どもに可愛いものを持たせたい親心

子どもが3~5歳になると、保育園や幼稚園の他に習い事を始められる家庭も多いかと思います。幼児教育としても、様々な体験をする事で子どもは成長していきます。習い事に行き始めると、お稽古バックやお道具袋、お着替えバックなど様々なものが必要になります。親としては、なるべく可愛いものを持たせたいと考えるのも当たり前。既製品買って済ませるのも良いですが、オリジナルで刺繍を施すことで習い事を特別なイベントに変えていきます。

習い事を楽しいイベントに変える

今回作成したのは、3歳の娘がダンス教室て使うバレエシューズ入れです。まだ足のサイズも小さく、ファスナーの開け閉めも苦手なため、巾着タイプにを作成しています。
施した刺繍はバーバパパとママです。時間をかけない場合は、あまり大きな刺繍をせず、はっきりした色合いのキャラクターを選びましょう。シンプルなシルエットであれば、さらに作業時間も短くてすみます。

CTA-IMAGE 2017年にgooshufuを設立。刺繍をメインにしたアクセサリーのほか、ベビーシューズやトートバッグ、ガーゼハンカチなど子供と使えるスタンダードな日用品を製作。無駄な機能を削ぎ落としたシンプルな作品を展開しています。 gooshufuでは作品の販売をminneにて販売しています。