白シャツに水球選手を刺繍。たまには旦那にも。

白シャツに水球選手を刺繍。たまには旦那にも。

たまには夫婦で刺繍について考える

母親にとって手をかける対象としては子どもが必然的に優先になります。自分にかける時間や旦那とのコミュニケーションの時間は優先度が低くなりがちです。もし時間があるのであれば、子供のための刺繍時間を少し旦那に分けてあげてはいかがでしょうか?

夫にちょっとしたプレゼント

すごい簡単にで構わないと思いますが、趣味にまつわる図案を刺繍してあげてみてください。恥ずかしながらも喜びます。
おすすめはオックスフォードシャツや白いTシャツです。あまり来ていない服だったり、捨てるか迷っているようであればお試しで作成してみましょう。
恐らくですが、作ったあとにあれがいいこれがいいと様々意見を出してくると思いますが、そんな簡単には作ってあげず、時間があればねと上から目線で返しておきましょう。
子育てしながら余裕はありません。気が向いた本の少しの時間を、夫に使ってみるのも考えてあげてみてください。

 

CTA-IMAGE 2017年にgooshufuを設立。刺繍をメインにしたアクセサリーのほか、ベビーシューズやトートバッグ、ガーゼハンカチなど子供と使えるスタンダードな日用品を製作。無駄な機能を削ぎ落としたシンプルな作品を展開しています。 gooshufuでは作品の販売をminneにて販売しています。