幼稚園を選ぶ基準はどこ?選び方の決め手は「我が子基準」

幼稚園を選ぶ基準はどこ?選び方の決め手は「我が子基準」

いよいよかわいい我が子も、幼稚園入園を控えるころ。どんな幼稚園があるのか、どんな幼稚園を選べばいいのかと調査しているとき、様々な疑問や不安が浮かびませんか?幼稚園選びの決め手は、距離や教育方針、力を入れている活動など様々な基準があります。しかし、大切にしたい決め手は幼稚園側の方針ではなく、あなたのお子さんの特徴です。「我が子基準」という考え方をすることで、幼稚園選びの悩みはスムーズに解決していきます。

幼稚園選びの決め手は「我が子基準」とは?

幼稚園の情報を仕入れる前に、まずあなたのお子さんの個性や特徴を考えてみてください。その上で、お子さんの長所に合った活動や方針を設けている幼稚園を探すとよいです。

我が子の得意なこと・苦手なことは何?

子どもは、好きなことや得意なことがそれぞれありますよね。

・体を動かすことが好き!

・人と話すことや大勢の輪に入るのが得意!

・絵をかいたり工作をしたりするのが好き!

こんな、好きなことを伸ばせるような幼稚園に入れてあげると、お子さんの好きなや得意をどんどん伸ばすことができます。幼稚園は、それぞれ力を入れている分野が違うものです。

・運動に力を入れ、伸び伸び元気な子を育てる

・英会話やコミュニケーションに力を入れている

・お寺や教会等、宗教的な教育方針を取り入れている

・早期教育を取り入れ、学習面に力を入れている

このように、幼稚園によって個性があります。最初から幼稚園の個性を基準にするのではなく、子どもの個性をまず見極めて、それに合った園を選ぶという順番で決めていくと、お子さんの良さを引き出すことに繋がります。

子どもの個性と親の方針、バランスを考えて選ぶこと

子どもの個性をまず見極めることも大切ですが、その次に大切なのは親御さんの教育方針です。子どもの個性と、親御さんが大切にする教育方針、どちらもバランスよく叶えることができるラインを決め手としてみましょう。

いくら親御さんが早期教育を目指していても、子どもが運動大好きの自由型な性格であれば、幼稚園の活動が負担になることもあります。逆に、絵画や歌など表現することが好きな子供に、運動に力を入れた幼稚園に入れるのも、なんとなく不安が強いですよね。この、親と子の理想のバランスを考えて選ぶということも、大切なポイントです。

幼稚園の評判を鵜呑みにしすぎないこと

幼稚園をどこにするか考えるとき、周囲の人から幼稚園の評判を見聞きすることがあります。この評判はリアルな口コミであり、とても重要な基準になります。しかし、個人の意見や感想であるために、評判を鵜呑みにしすぎないように注意することも必要です。

例えば「〇〇幼稚園良くないよ、うちは失敗した」と言っている人がいるとします。個人の評判は、あくまでも個人の感想です。相性の問題もありますし、その時の担任の先生との関りで何か問題があったなど、全員に当てはまらない特別な理由がある可能性も。可能性を狭めないためにも、あくまでも個人の評価は参考程度に留め、鵜呑みにしないように注意しましょう。

幼稚園はどこにする?事前にやっておきたいこと3つ

幼稚園を決定するまでに、あらかじめ情報収集をしておく必要があります。ここでは、情報収集の方法を3つをご紹介します。

HPの情報やパンフレットを参考にする

基本的な教育方針や、園での活動などはHPやパンフレットで確認することができます。時間割や教育理念、年間行事などはこのような媒体から情報収集してもよいでしょう。また、最近では幼稚園でも、共働き家庭を応援するための預かり保育・延長保育の実施を進めています。通常日課の後に子どもを預かってもらえるか、また長期休暇の預かり保育の有無なども、ご家庭の事情に合わせてご検討ください。

プレ保育や園庭解放に参加する

各幼稚園では、未就園児を対象にしたプレ保育事業や、園庭解放を行っているところが多くあります。百聞は一見にしかず、色々な情報に頼るよりも、実際に園に行ってみるのが一番の判断材料になるかと思います。園のプレ保育や園庭に行くと、行事への招待や説明会への案内をしてくれるこもあるため、今後の流れがスムーズになってきます。

近隣の児童館や支援センターでの情報収集

未就園児が通う、児童館や子育て支援センターでは、幼稚園の情報が多く寄せられています。幼稚園のイベントや入園説明会の案内なども置かれているので、参考にしてみましょう。また、支援センターの職員や先生も、幼稚園の事情を知っている場合がありますし、幼稚園選びの悩み相談に乗ってくれることがあります。

幼稚園選びは大切、でも一番大切なのは家庭です

幼稚園選びは、お子さんの初めての進路選択です。そのため、熱心な方は迷いすぎてしまうかもしれませんね。しかし、お子さんの成長にとって一番大切なのは、家庭です。親御さんやその他の家族との関わり合いが一番大切です。お子さんにとって、一番馴染みやすそうな園を選ぶということだけを念頭に置き、園に過剰な期待をしないことや、間違った選択などないということも、頭に入れておきたいですね。

CTA-IMAGE 2017年にgooshufuを設立。刺繍をメインにしたアクセサリーのほか、ベビーシューズやトートバッグ、ガーゼハンカチなど子供と使えるスタンダードな日用品を製作。無駄な機能を削ぎ落としたシンプルな作品を展開しています。 gooshufuでは作品の販売をminneにて販売しています。