習い事

子どもの学び・教育

子どもの「習い事したくない」。無理をせず成長できる習い事を選ぶ方法

子どもが習い事をしたくないと言い出した。通い始めてまだ半年もたってないのにどうすればいいのか。 頑張って通わせるべきか、子どもの言うことも聞いてすぐ辞めさせるか。習い事は様々あります。水泳、サッカー、バレエ、ダンス、英会話、そろばん...
2020.06.25
子どもの学び・教育

子供が「習い事をやめたい」時の具体的な対処法。親に言えない場合はフォローも必要

「習い事をやめたい」というのは、親が聞いてドキッとする言葉のひとつです。 ママとしては、「あんなにやりたいと言って始めた習い事なのに」「せっかくここまでできるようになったのに」と思ってしまうでしょう。 逆に子供が行きたくないそぶりを...
2020.06.25
子どもの学び・教育

失敗しない「子供の習い事を選び方」ポイントを先生が解説

子どもの習い事、なにを選べばいいか悩むママは多いです。たくさんの習い事をさせてあげられればいいかもしれませんが、時間や予算は限られています。 また、子どもによって「勉強が得意」「球技が得意」など個性もあります。 子どもの習い...
2020.06.25
子どもの学び・教育

多すぎる子供の習い事は悪影響。無駄な習い事は心を圧迫する。 

世の中には様々な「習い事」があります。ひと昔前では、「習字」「そろばん」などが習い事の定番でした。現在では、「英語」「プログラミング」などが少しずつ増えています。 他にもタブレットなどを活用し、個人の得手不得手に対応することのできる...
2020.06.25
子どもの学び・教育

「習い事させない子育て」は子供もメリットがたくさん!先生おすすめの過ごし方

4歳ごろから小学生になると、習い事をしている子どもの割合がぐんと伸びます。 その中で、「子どもに習い事をさせない選択」をする家庭もあります。習い事をしないと、こどもの成長に悪影響があるのでしょうか? 習い事の代わりに家で取り組...
2020.06.25
子どもの学び・教育

子供の習い事なのに「親の都合」でやめたい…これってあり?なし?

「子供の習い事を、親の都合でやめさせるのはどうなんだろう?」と不安になってしまうものですよね。親と子供、どちらにとっても最善といえる形にするには、どんな対処法をしていけばよいのでしょうか。
2020.06.25
子どもの学び・教育

【脳科学で解説】幼児期の習い事が必ず良いわけではない。「好奇心」が子供を大きく成長させる。

習い事の低年齢化と多様化が進み、幼児期から習い事を始めることが普通になってきています。幼稚園に通うと周りには習い事をしている子どもばかりで、焦ってしまうこともあるでしょう。 「せっかく習うなら早く始めた方がいいの?」 「幼児期...
2020.06.25
子どもの学び・教育

早期教育はいつから始めればいいの?弊害は?メリット・デメリットを先生が解説

早期教育は、一般的に幼児期に取り組む教育のことを指します。幼児期に勉強をスタートさせることにはどんな効果があるのでしょうか?元小学校教員のわたしが、早期教育の効果についてと、幼児期の勉強スタート法について紹介します。
2020.06.25
子どもの学び・教育

小学生に人気の習い事「スポーツ・勉強・プログラミング」10選。それぞれのメリット・デメリットを先生が解説

少子化に伴い、子どもの教育にかける費用は年々増加しています。その理由のひとつに、習い事の増加や多様化も含まれているでしょう。 昔では考えられなかったほど多くの習い事があり、多くの子どもが複数の習い事を行っています。 今回は小...
2020.06.18
子どもの学び・教育

幼少期の習い事は必要ない。習い事は何歳からなら意味があるか保育士が解説!

保育園や幼稚園に通い始めると、習い事を始める子が増えてきて、自分の子供も何か始めるべきか悩むこともありますよね。 「子供の習い事って何歳からするのかな?」「周りの子はもう通い始めてるけど、どうしよう?」「やっぱり早くから通わせた方が...
2020.06.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました