私らしさが細部に宿る。30代からのこだわりアクセサリーの見つけ方

私らしさが細部に宿る。30代からのこだわりアクセサリーの見つけ方

流行にのって買ったイヤリングを身につけて、張りきっておでかけをしたのに、ふと電車の窓や車の鏡に映った自分に「ん?なんか違う…」と違和感を覚えることはありませんか?人からどう思われるかということにばかり目がいっていた20代は、その時の流行や周りの友人が持っているものを取替え引替えに集めていたと思いますが、それに違和感を覚え始めるのが30代です。

違和感の正体は、あなたの中に一つの感性が出来上がり、もう自分自身で素敵なものを選んでいけるようになったという心のサインです。
しかし、いざ探してみると世の中にはあまりにも多くのアクセサリーがあるのでなかなか心に響く良いものに出会えないという人も多いはず。そんなあなたのために今回は、大人の感性にピッタリとくる素敵なアクセサリーを見つけるためのポイントを押さえていきたいと思います。

心と体が満たされるこだわりアクセサリーの見つけ方

ブランドやデザインにばかり目がいっていた若い頃とは違い、大人になるとたとえ有名なブランドの物でも「自分らしくない」と感じると心が満たされなくなってきますよね。では、具体的にどんな基準で選べば心が満たされるお気に入りのアクセサリーを見つけることができるのでしょうか?

日常使いで自分の気持ちが弾む感覚を大切にする

勝負服という言葉の通り、20代はここ!という時に向けて服やアクセサリーを揃えていたことも多いでしょう。友人の結婚式、謝恩会やパーティー、フェスや旅行などイベントごとに色々なものを買い揃えていたのではないでしょうか。
しかし、イベントが減って生活が落ち着いてくる30代からはそういった非日常よりも、普段使いで心が弾むかどうかがとても大切です。毎日の落ち着いた生活の中で、ふっと洗面台で顔をあげた時に身につけている自分を目にし、自分の気持ちがほぐれて笑顔になれる…そういった基準でぜひアクセサリーを選んでみて下さい。そして、何より他でもない自分自身が好きなものかということを第一に考えてください。例え友人や家族から「それ、ちょっと子どもっぽくない?」「いつもつけてる物の方が似合うと思うけど」と言われてしまったとしても気にしないようにしましょう。当たり前のことですが、周りがどう言おうとそのアクセサリーを付けるのはあなた自身であって、誰かのイメージやあるべき姿にあなたを当てはめる必要はありません。
自分の価値観で他でもない自分自身のために選んだアクセサリーを日常の中で身に付ける、その日常での幸せ感があなたの心を満たしてくれる大切なエネルギーになります。

既製品と距離を置き心が惹かれる一点ものを探す

「ショッピングモールに並んでいるアクセサリーがどれもこれも同じに見える…」「流行っているのは知っているけど私に似合うデザインじゃない…」と感じたことはありませんか?既製品が悪いというわけではないのですが、最近はSNSの発展で一つのものが流行りだすと消費が集中する傾向にあるので、多くの企業が売れているデザインに寄せていく傾向が見られます。ですから、どのブランドからも似たり寄ったりのものが並んでいて「正直ピンとこない…」ということもあるでしょう。
そんな時は既製品から距離を置いてハンドメイドの一点ものを探すのはいかがでしょうか。最近はハンドメイドのサイトも充実していて、作家さんが作った一点物のこだわりのアクセサリーをいつでもどこでも探すことができます。しかも、作家さんによってはオーダーを頼むことが可能で、自分なりにアレンジを加えていくこともできるのが嬉しいポイント。既製品にはない手仕事の温かみを感じる、世界でたった一つのアクセサリーを付ける喜びをぜひ味わってみて下さい。

見た目だけではなく質の良さにこだわって

「今までだったらちっとも平気だったのに最近プチプラのアクセサリーが似合わない気がする…」という方はその感覚を見逃さないで下さい。見た目が少しチープな流行りのアクセサリーでも肌がツヤツヤだった20代はおしゃれに見えたと思いますが、おばあちゃんになってからプラスチックやフェイクパールばかりのアクセサリーだとなんだか違和感がありますよね。それと同じように、年齢が上がるにつれてそれ相当の物を身につけようという感覚があなたの中にできているのです。
また、若い頃よりも確実に肌は敏感になってきています。「ネックレスをつけるとかぶれやすくなってきた」「指輪を長時間すると手がむくむようになってきた」など大人ならではの悩みも出てくるものです。そんな大人の事情に対応していくためにもアクセサリーも材質や素材、誰がどんな技法を使って作ったかということも目を見張って質の良さにもこだわってみましょう。
また、アクセサリー自体の質が良いことも大切ですがその美しさをキープするのも大人の嗜みです。その素材ごとに合った正しいお手入れ方法もきちんと調べておきましょうね。

素敵なアクセサリーはその人を映す鏡のようなもの

いかがでしたか?素敵なアクセサリーを見つけるには、あなたの中の感性とちょっとしたポイントを押さえることが大切だとお分かり頂けたと思います。
私が大好きな小説の中に“夫に先立たれた外国のおばあちゃんが、今も彼からもらった婚約指輪を毎日大切に身につけている”という表現があります。これはフィクションの表現ではありますが、その人のこだわりと想いがたくさん詰まったアクセサリーは、その人の人生そのものを語るような素敵な雰囲気を醸し出していきます。
なかなかお気に入りのアクセサリーを見つけるのは大変だとは思いますが、それも一つの自分探しだと楽しんで、あなたのこだわりを細部に宿した素敵なアクセサリーを見つけて下さいね。