育児と向き合う

ママ友でストレスが貯まる。発散のための考え方を紹介

育児と向き合う
この記事を書いた人
夏野 新さん【心理カウンセラー】

虐待防止や家庭環境についての専門家。心理カウンセラーの資格を活かしながら「妊娠、出産、育児」といった女性向けのサポートをするための情報を発信しています。2児の子どもを育てながら、2019年には自身の書籍「世界が変わる! アダルトチルドレンの自己観測」を出版し、悩みを抱えるご家庭への問題解決に尽力しています。

子育ての悩みは、子どものことだけではありません。ママ友関係による「人間関係」のストレスや疲れも、非常に大きな割合を占めていることがあります。

あなたの今の悩みは、お子さんのことですか?それとも、誰か他のママ友さんのことでしょうか。

ママ友の人間関係に悩む時間を、もし自分の好きなことや自分の子どものために使えたら、あなたの子育てや暮らしはもっとよいものになります。

ママ友関係がストレスになっていませんか?

ママ友のストレスをなくすために、3つの考え方をお伝えします。

ママ友でストレスが貯まってしまう理由

ママ友関係は、本当に難しいものです。というのも、ママ友という関係は「子どもの年齢が近い」ということだけで繋がっていることが多いため。

お互いの年齢も、家庭の生活水準も、環境も、趣味も、好みもバラバラです。

もちろん、なんとなく波長が合ったり、雰囲気や考え方が似ていたりすることで繋がる場合もありますが、それは「子どもありき」の関係ですよね。

もし、お互いに子どもがいなくて、ただの女性同士だった場合、あなたは今のママ友さんと仲良くしたいと思いますか?

子どものために、がまんしたり、合わせたりしていることも、もしかしたらあるのかもしれませんね。

毎日一緒に過ごして、長く友情が続く人というのは本当に一握りです。

ただでさえ会う人が限られる生活の中では「気の合う人」を見つけるのはそもそも至難の業なのです。

ですから「何でも気軽に話せるママ友」に出会えないのは本当に当たり前のことです。

ママ友関係に疲れてしまったときは、視野を広げて、自分と子どものことについてよく考えてみましょう。

ママ友と「助け合えない関係」にストレスを感じる

ママ友を作ることは、もちろん大きなメリットがあります。

・困ったときに助け合える
・育児の悩みを相談できる
・おしゃべりすることで気分転換になる
・育児に関する情報を共有できる

このようなメリットがあります。しかし、もしそのママ友関係がストレスになったり、ママ友グループに疲れたりするようなら、このメリットはメリットでなくなります。

ママ友付き合いに疲れてしまう理由は様々です。考えや生活スタイルが合わなかったり、嫌なことを言われたり、悪口や陰口、嫉妬などのネガティブな感情が生まれるなど……

「ママ友付き合いが疲れる」と感じているその時点で、デメリットがメリットを上回ってしまっているのです。

本当に、ママ友さんがいてくれて助かる。助け合える存在ができて良かった、と心から思えないのであれば、その関係にはデメリットの割合の方が大きくなっているということなのです。

ママ友と価値観が違い過ぎてストレスになる

ママ友同士の交流でもっとも大事なのは「育児の悩みを共感し合える」ということです。

家族のことや、教育情報なども、同じ目線で話をすることができるという点にメリットがあるのです。

ですがママ友付き合いが疲れる場合は、価値観や考え方が違うことが大きいことです。

ママ友関係がつらい、と思う場合ママ友さんと人間的な価値観がズレている場合、あなたは相手に話や調子を合わせて、無理をしているのではないでしょうか。

人間関係に悩みやすい人は、相手に合わせがちで、自分の主張をすることが苦手。気質的に、傷つきやすく繊細な方が多いものです。

ママ友関係や、ママ友グループでの付き合いに疲れたときは、本当に自分が相手と同じ考え方で、心から相手を好きだと思えるか、振り返ってみてください。

子どもの友達関係のためママ友は超ストレス

子どもの友達を作ってあげたいという理由で、ママ友グループの付き合いを頑張っている方は多いものです。

親の自分の都合で、子どもの友達付き合いを壊してしまうのはかわいそうだと思われる方もいるでしょう。

でも、子どもにとってその友達は一生の友達ではありません。

お子さんの友達はお子さん自身で見つけていくものです。自分と波長が合う子と勝手に遊ぶものです。

母親が心配するよりも子どもの順応能力はとても高いです。

幼児期の子供にとっては、友達関係よりもお母さんの心の安定の方が大切です。

既につながりの深いグループができている場合、自然に抜けるのには少々工夫は必要かもしれません。

しかし、お付き合いする人を選んだり、ストレスになる関係を少しずつ精査したりするのも、朗らかな子育てのコツといえます。

案外、抜けてみると何の問題もなかったり、子どももあっさり次の友達を見つけて遊んだりできることもあります。

「嫌だな」と思うママ友関係を無理して続けるのは、子育てにおいて最も必要のないことと言っても過言ではありません。

ママ友にストレスを感じるなら、固定観念を捨て自分の価値観を大切に

子育ては「こうあるべき」「こうしなければ」という固定観念を捨てることで、もっと楽になります。

・ママ友付き合いもソツなくこなすべき
・子どものためにママ友グループともうまくやらなければ

こんな風に~すべき、~しなければ、という強い縛りに捕らわれなくていいのです。世の中には、絶対にしなければいけないことなど、ひとつもありません。

もちろん「ママ友なんて一切要らない!」と白黒はっきりさせる必要はありません。
自分が嫌だなと思うことは、勇気を出して断ること、苦手な人にはなるべく接触しないようにするなど、自分の心から「ストレス材料」をちょっとずつ捨てていきましょう。

▼ママ友とのお付き合いに疲れてしまったら

タイトルとURLをコピーしました